ランドセル人気ランキングTOP > ランドセルの素材について

ランドセルの素材について

ランドセルの素材(生地)は牛革?コードバン?タフガード?クラリーノ?

「ランドセルの本体に使われる素材(生地)ってどれが良いの?」という疑問が良く聞かれます。

当サイトでもご紹介しているランドセルメーカーが、ランドセルの本体に使われる素材(生地)を使っているのかをまずはご紹介します。

ランドセルの素材例
ランドセル 天然皮革 人工皮革
フィットちゃん 牛革、
コードバン(馬のお尻の革)
クラリーノ・エフ②、クラリーノ・エフ③、
クラリーノ・レミニカ、クラリーノ・タフロック
萬勇鞄 牛革、
コードバン(馬のお尻の革)
タフガード、パール系タフガード
山本鞄工房 牛革、
コードバン(馬のお尻の革)

牛革とコードバン(馬のお尻の革)は分かりますが、人工皮革のクラリーノとタフガードの違いが分かり難いのですが、ランドセルメーカーの使っている素材はどちらもランドセル用に作られた人工皮革で、作っているメーカーによる違いです。

人工皮革のタフガードは、帝人グループで人工皮革事業を展開する帝人コードレ株式会社がランドセル向けに、独自の技術により丈夫さと軽さの両立を実現した人工皮革です。

人工皮革のクラリーノは、株式会社クラレが天然皮革の精緻な構造と独特の性能を化学の力で再現した人工皮革です。

タフガードにしてもクラリーノにしてもいくつか種類がありますが、どうしても重くなりがちな天然皮革ではなく「丈夫さと軽さの両立を実現した人工皮革」として開発された素材です。

最近はA4クリアファイル対応やA4フラットファイル対応などでどうしても大型化しているランドセルを、お子さんの体に負担にならないようにということで注目されている素材ですね。

もちろん天然皮革の牛革やコードバンは天然皮革ならではの良さで人気があります。

一方人工皮革とは言え以前から親しまれてきたクラリーノ、最近ランドセルの素材として注目され出したタフガードにはメーカーが力を入れているだけあって進化しています。

牛革、コードバン、タフガード、クラリーノのどの素材のランドセルもランドセル工業会に入っているメーカーのランドセルは6年間の保証付きで耐久性は折り紙付きです。

どの素材が良いのはランドセルメーカーの考え方と、お子さんにランドセルを持たせる親御さん方により違ってきますが、デザインや色なども含めた総合的な判断でランドセルを選ぶのが一番ですね。

フィットちゃんランドセルの人気はクラリーノ

フィットちゃんランドセルの人気はクラリーノ

フィットちゃんランドセルではほとんどのランドセルが本体の素材としてクラリーノを採用しています。

フィットちゃんランドセル

牛革はFIT204、コードバンはFIT203とFIT204だけとなっています(2015年度モデルのランドセル)。

フィットちゃんランドセルはあい・愛ティアラやグットボーイを始めほとんどのランドセルが、その特徴に合わせてクラリーノ・エフ②、クラリーノ・エフ③、クラリーノ・レミニカ、クラリーノ・タフロックといったクラリーノの中から採用しています。

クラリーノの特徴は、軽い・水に強い・価格が適正・カラーバリエーションが豊富・お手入れがらくらく、といった特徴があります。
それぞれの素材ごとの特徴と採用しているランドセルをご紹介します。

フィットちゃんランドセルの人気はクラリーノの続きを読む 

このページのトップへ↑

萬勇鞄のランドセルはタフガードも牛革もコードバンも

萬勇鞄のランドセルはタフガードも牛革もコードバンも

萬勇鞄のランドセルは、牛革やコードバン以外にタフガードが採用されていますが、男の子用のランドセルはタフガードが、女の子用ランドセルにはパール系タフガードのランドセルがラインナップしています。

萬勇鞄のランドセル

中でも、男の子に人気のランドセル「リリークレスト」では、タフガードと牛革(キズのつきにくいボルサ革使用)とコードバン(最高級馬革)の素材ごとのモデルが用意され、女の子のランドセルでは、人気の「リリークレスト」にパール系タフガードと牛革とコードバンの素材ごとのモデルが用意されています。

人工皮革のタフガードは、帝人グループで人工皮革事業を展開する帝人コードレ株式会社がランドセル向けに、独自の技術により丈夫さと軽さの両立を実現した人工皮革ですが、女の子用のランドセルの注目カラーとして人気のパールを素材段階から採用しているのは注目点ですね。

萬勇鞄のランドセルはタフガードも牛革もコードバンもの続きを読む 

このページのトップへ↑